企業名 株式会社ニコン
メンバー

中川源洋(映像ソリューション推進室)

タイトル ボリュメトリックビデオ(Volumetric Video)の教育活用のご提案
概要

Volumetric Video(以下VV)とは、被写体の形状の位置のみならず、時間と共に変化する動きも含め、3D情報をビデオの様に記録する手法のことである。このため、VVはメタバースやXR技術のコンテンツとして高等教育領域での活用が期待されている。特にVVと通常の動画を同期させて再生させると、自由視点のVVにより大まかな動きを確認し、表情や細かな動きは通常の動画で確認できるため、学習効果の最大化できる。
今回提案するVVシステムは従来の専用スタジオを用いるものではなく、可搬性を有するシステムである。これにより実際の現場でのVV取得でき、コンテンツの制作が容易になる。
現在VVを用いた学習コンテンツによる学習効果向上に有用な領域はどこか、学習効果の定量比較などを協業いただける方を募集している。また同様に学習者のVV取得による学習効果向上の協業も希望している。